ゲーム制作状況報告11

 11回目の製作報告です。いちいち書かなくてもタイトルで分かりますけどね。

 今回は見た目的にもある程度の変化がありました。大きな進展は3つです。

 まず一つ目は背景の追加です。
 wireplanet0.3_devsc16
 画像ではわかりませんが、動きます。

 二つ目はテキストウインドウの実装です。テキストウインドウって言っても僕が勝手に名前を付けただけなのでぴんと来ないと思いますが、キャラクターがしゃべるときに出てくるアレです。

こんな感じ。
 wireplanet0.3_devsc14
wireplanet0.3_devsc15

 入力ウインドウや選択ウインドウもあります。
 実はこれだいぶ前の記事で少し触れた製作中のRPGで実装していたものをほぼそのまま持ってきただけです。なのであまり時間はかかりませんでした。ですが修正しなければいけない点はまだたくさんあります。

 最後の三つめは見た目には関係しないのですが、ゲーム進行の定義を外部から行えるようにしたことです。
 今まではゲームシーンのソースコード部にこ、こで会話発生だとかを直接書き込んでいたのですが、それではソースコードがどんどん複雑になり細かい変更もしずらいです。
 そこでゲーム進行をLuaスクリプトで記述するようにしました。もう少し具体的に言うと、ある条件に到達したら外部ファイルで定義されたイベントを呼び出す、というように実装したということです。
 条件が満たされたか見張るクラスとイベント本体のクラスは分けて、それぞれTrigger,Eventクラスとし、Triggerクラスは条件が満たされたら登録されたEventクラスを呼び出します。
 さらにEventクラスが、新たにTriggerを作成することでゲームが進行していくという仕組みです。
 これでゲームクリアしたらスコア集計画面を表示すしたり、特定のステージに入ったら特別なイベントを発生させたりすることが簡単にできるよう……にはなったんですが、実際その仕組みで動かしていると実装時にはきずかなかった問題点がいくつか出てきました。そもそも条件判断とイベント本体を分ける必要なかったんじゃないか? と思ったり。まあそのうちさらに良い方法が見つかったらそれに変えてみます。

 とりあえず今回はこんな感じです。完成までまだまだな気がしますが……なんとか完成させねば……!
スポンサーサイト




  • テーマ:プログラミング
  • ジャンル:コンピュータ
  • コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    Cdec

    Author:Cdec
    情報系修士出身のIT系企業会社員。趣味で変なゲームを作ったり、気まぐれにゲームしたりしています。

    ■メインPC
    Win11Pro, Core i7-13700K, DDR5-6000 32GB*2, SSD 512GB, HDD 2TB*2, RTX4070
    ■サブPC1
    Win11Pro, Core i5-11400H, DDR4 16GB, SSD 512GB, RTX3050 Laptop
    ■サブPC2
    MacBook Air M2(2022年)
    ■ファイルサーバー
    WinServer2016Standard, DDR4-2133 2GB*2, Corei5-6500, SSD 128GB, HDD 1TB*2+2TB
    ■趣味制作
    ゲームを作ってます。
    ・C#(Unity):
    ・C++(DXライブラリ)
    ・Python
    ■仕事
    主にWebサービス開発をしてます。
    ・Pythoh/JavaScript/TypeScript