vcpkgはMicrosoftがオープンソースで開発している、Windows用のC++パッケージマネージャです。コマンドラインから使用したいライブラリをインストールするだけで、面倒くさいインクルードパスの設定、ライブラリディレクトリの設定、依存ファイルの設定などを行わずに簡単にライブラリを使用することができる優れものです。vcpkgのGitHubリポジトリvcpkgは公式で大量のパッケージが用意されていますが、さすがにネット上に存在する...

最近、自作のライブラリが依存しているライブラリをvcpkgに管理させようと、vcpkgに標準では含まれていないライブラリ用のPortファイルを作成しています。vcpkgはマイクロソフトがオープンソースで開発しているWindows用C++パッケージマネージャです。vcpkgのGitHubリポジトリvcpkgのPortファイルはcmake形式となっており、Portファイルを作成する中でいくつかつまずいた点があったので、書いておきます。CMakeCMakeについてつまず...

ゲームを作ろうと思い立った時、今の時代、Unityのような高機能なゲームエンジンを無料で使うことができます。ゲームエンジンに頼らずに作る場合でも、ネット上には色々なプログラミング言語の解説、ゲーム開発用ライブラリ、開発環境の構築方法、ゲーム作成のチュートリアルなどが充実しており、基本を勉強するのには困りません。ですが、実際にゲームを完成させる上でどんな機能が必要でなにをどのように設計して実装していかな...

VisualStudioで使える、便利な拡張機能にVisualAssistがあります。Visual Assist公式ページVisualAssistはVisualStudioのリファクタリングなどの機能を強化する拡張機能で、C++やC#などに対応しています。C#についてはVisualStudioの標準機能だけでも機能がそこそこ充実しているのですが、C++については不足しているので(個人的な感想)、VisualAssistは重宝しています。最近この拡張機能のライセンスが切れてしまったのですが、僕...

タイトルのとおりです。Unityのパーティクルシステムで用いるマテリアルをスクリプトから変更しようとして迷ったので、その方法を残しておきます。この記事を書いた時点で僕の使用しているUnityのバージョンは2017.2です。結果だけ知りたい方のためにはじめに結論を書いてしまいます。結論パーティクルシステムの描画に関する機能にスクリプトからアクセスするためには、GetComponentを使ってParticleRendererコンポーネントを取得...

プロフィール

Cdec

Author:Cdec
情報系修士出身のIT企業会社員。趣味で変なゲームを作ったり、気まぐれにゲームしたりしています。
研究ではDeepLearning関連のことをしていました。

■メインPC
Win10Pro, Corei7-9700K, DDR4 16GB, SSD 256GB, HDD 2TB*2, RTX2060
■サブPC
Win10Pro, Corei5-8250U, DDR4 8GB, SSD 256GB
■サブサブPC
Win10Pro, Corei5-3337U, DDR3 4GB, SSD 256GB
■ファイルサーバー
WinServer2016Standard, DDR4 4GB, Corei5-6500, SSD 128GB, HDD 750GB*2+1TB
■開発環境&ライブラリ
ゲーム開発ではVisualStudio, Unity, DXライブラリ、研究ではVisualStudioCode, Caffe, Chainer
■使う言語
ゲーム開発ではC++やC#、たまにLuaで、研究ではPython